ホーム > 学生・教職員の活動 > 2015年度の学生・教職員の活動報告 > 第8回アジア太平洋ろう者競技大会で本学学生とOBが活躍

第8回アジア太平洋ろう者競技大会で本学学生とOBが活躍

メダルを授与された蒲生さん(左)、卒業生の中村さん(右上)、男子サッカー代表の本学卒業生の集合写真(右)

10月3日 土曜日から10月11日 日曜日、台湾にて開催された第8回アジア太平洋ろう者競技大会において、本学産業技術学部産業情報学科2年の蒲生和麻 さんが出場し、柔道男子73kg以下で銀メダルを獲得しました。 また、本学卒業生の中村晃大さんが幅跳びで金メダル、卒業生4名がメンバーに選出された男子サッカーチームも銀メダルで、2017年に開催される第23回夏季デフリンピック競技大会の出場権をそれぞれ獲得しました。

蒲生さんは、「デフリンピックで活躍できるよう、さらにトレーニングを頑張っていきたい。」と抱負を語ってくれました。今後益々の活躍が期待されます。 写真は、メダルを授与された蒲生さん(左)、卒業生の中村さん(右上)、男子サッカー代表の本学卒業生の集合写真(右)です。

(障害者高等教育研究支援センター 中島 幸則/2015年11月10日)