アイテム情報

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1198
タイトル: 音と触覚により視覚障害者も利用可能なバリアフリーゲームの開発
別タイトル: オト ト ショッカク ニ ヨリ シカク ショウガイシャ モ リヨウ カノウナ バリアフリー ゲーム ノ カイハツ
The Development of a Barrier-Free Game Used by Visually Impaired Persons Using Sounds and a Tactile Sense
著者: 松尾, 政輝
坂尻, 正次
キーワード: 視覚障害
バリアフリーゲーム
音源定位
触覚ディスプレイ
アクションRPG
発行日: Dec-2013
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 21
号: 1
開始ページ: 76
終了ページ: 80
抄録: 近年,数多くのコンピュータゲームが発売されているが,視覚障害者,特に画面を確認することができない全盲者がこれらを楽しむには多くの工夫と労力を必要とする。一方,視覚障害者向けのゲームも開発されているが,聴覚情報のみで遊ぶこのようなゲームは,健常者にとっては難易度が高いという側面がある。そのため,両者が十分に楽しむことのできるゲームはほとんど存在しない。したがって,視覚障害者は,健常者と同じゲームで遊び,話題を共有することが非常に困難な状況にあ る。そこで,健常者と視覚障害者の両者が十分に楽しむことのできる,音と触覚により視覚障害者も利用可能なバリアフリーゲームを開発した。本報告では,開発したバリアフリーゲームについて述べることとする。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1198
出現コレクション:Vol.21 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec21_1_14.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。


筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.21 No.1 >