スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.18 No.2 >

タイトル: 照明器具を利用した緊急情報伝達システムに関する研究 -その4 点滅による「不安感」「連想される緊急現象」評価実験-
別タイトル: ショウメイ キグ オ リヨウシタ キンキュウ ジョウホウ デンタツ システム ニ カンスル ケンキュウ ソノ 4 テンメツ ニ ヨル フアン カン レンソウ サレル キンキュウ ゲンショウ ヒョウカ ジッケン
Study on Emergency Information Transfer System Using Lighting Equipment (Part4 Evaluation Experiment about Sense of Anxiety and Emergent Phenomenon Associate with Flashing)
著者: 今井, 計
伊藤, 三千代
櫻庭, 晶子
金田, 博
キーワード: 緊急情報伝達
LED照明器具
点滅
不安感
緊急現象
発行日: Mar-2011
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 18
号: 2
開始ページ: 62
終了ページ: 67
抄録: 本研究は「照明器具を利用した緊急情報伝達システム」の具体化に向け、建物内で緊急時に必要とされる「瞬時に気付く」のための情報と同時に、「何が起きているか(地震、火災、危険人物侵入等)」といった情報種別並びに「現象の程度」「避難の必要性」等の緊急性の情報を、天井LED照明器具の点滅パターンの違いにより伝達する可能性を探ることを目的とする。本報では天井LED照明器具の点滅パターンの違いによる「不安感」及び「連想される緊急現象」の評価実験を行った。
URI: http://hdl.handle.net/10460/901
出現コレクション:Vol.18 No.2

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec18_2_12.pdf4.94 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/901

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください