スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.18 No.1 >

タイトル: 脳性麻痺の科学的トレーニング -脳性麻痺の筋力トレーニングに関する基礎研究-
別タイトル: ノウセイ マヒ ノ カガクテキ トレーニング ノウセイ マヒ ノ キンリョク トレーニング ニ カンスル キソ ケンキュウ
Scientific Taining in Cerebral Palsy - Basic research on the role of muscle training in the scientific training of cerebral palsy patients
著者: 石塚, 和重
中村, 直子
キーワード: 脳性まひ
タイプ別
筋断面積
筋力
筋電図
筋力トレーニング
発行日: Dec-2010
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 18
号: 1
開始ページ: 116
終了ページ: 122
抄録: 脳性麻痺の科学的なトレーニングの観点から、脳性麻痺の筋断面積と筋力と動作速度について調査した。さらに、タイプ別脳性麻痺の特徴について筋電図を使用して検討した。また、脳性麻痺の筋力トレーニング方法のための基礎研究を試みた。結果として、1)痙直型脳性麻痺者とアテトーゼ型脳性麻痺者では筋力強化の方法は異なる可能性がある。2)アテトーゼ型脳性麻痺者では健常者と同様のトレーニングが可能ではないかと考えられる。3)痙直型脳性麻痺者では速い動きが困難で測定不可能な被験者がみられ、速い運動では筋出力が十分に発揮できないと考える。また、連合反応を考慮して、関節の動きを十分考慮したゆっくりとした抵抗の弱い運動がいいのではないかと考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10460/874
出現コレクション:Vol.18 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec18_1_20.pdf6.43 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/874

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください