スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.18 No.1 >

タイトル: Wason選択課題の「対偶」理解は同種課題で「維持」されるか
別タイトル: Wason センタク カダイ ノ タイグウ リカイ ワ ドウシュ カダイ デ イジ サレルカ
Is the understanding of the contrapositive structure of a Wason selection task applied to the next similar task?
著者: 加藤, 宏
キーワード: Wason課題
再テスト
認知バイアス
発行日: Dec-2010
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 18
号: 1
開始ページ: 86
終了ページ: 90
抄録: 昨年に引き続き一般大学生および本学保健科学部学生にWasonの4枚カード問題とその変形バージョン課題を実施し、正答率および課題解決に関わる認知過程について検討した。さらに同様課題の再テストにおいては、課題構造としての「対偶」関係の理解が正解率に貢献するか調べられた。結果は正答率の低下という意外な結果であった。同課題については課題特性により成績が変動することが知られているが、「対偶」の知識があれば解答方略が転移するというような単純なものではないことがわかった。Wason課題への抵抗の強さを積極的に活かす教育も考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10460/868
出現コレクション:Vol.18 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec18_1_14.pdf610.13 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/868

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください