スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
020 学術論文 >
0201 学術論文 >

タイトル: Gompertz関数による水平面全天日射量の直散分離に関する研究
別タイトル: Gompertz カンスウ ニ ヨル スイヘイメン ゼンテン ニッシャリョウ ノ チョクサン ブンリ ニ カンスル ケンキュウ
Separation of horizontal solar radiation into direct and diffuse components with gompertz funciton
著者: 張, 晴原
キーワード: Solar radiation
Observation
Separation of global radiation
Gompertz function
Model
日射
観測値
直散分離
Gompertz関数
モデル
発行日: 30-Jun-2004
出版者: 社団法人日本建築学会
誌名: 日本建築学会環境系論文集
号: 580
開始ページ: 31
終了ページ: 37
抄録: Direct and diffuse solar radiations are necessary when simulating the thermal performance of buildings. In most cases, however, only the total solar radiation on the horizontal surface is observed at the observatories. Therefore the separating procedure from the total radiation into direct and diffuse radiations becomes necessary. In this paper, a new method to separate the global horizontal solar radiation into direct and diffuse components was developed with the Gompertz function. Using the observed solar data of Beijing, Chengdu, Lanzhou, Lhasa, Shanghai, Tsukuba and Ulumuqi, a model for the separation was developed and the results were compared with that from other models.
権利: 社団法人日本建築学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
オリジナル版: http://ci.nii.ac.jp/naid/110004083827
テキストバージョン: publisher
URI: http://hdl.handle.net/10460/828
出現コレクション:0201 学術論文

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
gakuju004_zhang_001.pdf678.18 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/828

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください