スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0101 「筑波技術短期大学テクノレポート」 >
Vol.11 >

タイトル: IT用語の手話アニメーションのWebでの公開
別タイトル: ITヨウゴ ノ シュワ アニメーション ノ Web デノ コウカイ 
Publication on Web of 3D-animations of Signs for Computing Terminology
著者: 長谷川, 洋
寺井, 梓
竹中, 佐和
キーワード: IT用語
手話
3Dアニメーション
Web
インターネット
聴覚障害
発行日: Mar-2004
出版者: 筑波技術短期大学学術国際交流委員会
誌名: 筑波技術短期大学テクノレポート
巻: 11
開始ページ: 21
終了ページ: 26
抄録: IT用語の手話の開発は、聴覚障害をもつコンピュータ技術者によって行われており、手話の普及は、書籍の形での出版によっていた。しかし、商業出版は採算という壁があり、容易ではない。さらに、現在のように技術革新のスピードが速く、新しい用語が次から次に出てくる状況では、書籍出版では時間が掛かり、間に合わないという問題もある。そこで、本研究では、開発された手話をWebで公開することを試みた。この場合は、書籍の場合と異なり、動画で手話を公開することができる。ただビデオ画像では、ファイルのサイズが大きく、ダウンロードに時間がかかるので、ファイルサイズの小さなアニメーションを用いた。採用したものは、三次元アニメーション作成ソフトMimehandであり、これによって作成されるアニメーションファイルは、サイズが小さく、素早いダウンロードが可能である。さらに三次元であるから、いかなる方向からも手話を見ることができる。約500語のIT用語の手話をアニメーション化し、Webで公開した。
URI: http://hdl.handle.net/10460/655
出現コレクション:Vol.11

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec11_0_04.pdf1.27 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/655

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください