スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0101 「筑波技術短期大学テクノレポート」 >
Vol. 8 >

タイトル: アメリカの聴覚障害者の高等教育機関における教育組織と教育内容・方法に関する比較研究
別タイトル: アメリカ ノ チョウカク ショウガイシャ ノ コウトウ キョウイク キカン ニ オケル キョウイク ソシキ ト キョウイク ナイヨウ ホウホウ ニ カンスル ヒカク ケンキュウ
Comparative Study of Educational Systems,Contents and Methods at the HigherEducational Institutes for the Students with Hearing Impairment in USA
著者: 須藤, 正彦
大沼, 直紀
小林, 正幸
荒木, 勉
橋本, 公克
松藤, みどり
キーワード: 聴覚障害学生
高等教育
学習生活支援
情報補償
支援ネットワーク
発行日: Mar-2001
出版者: 筑波技術短期大学学術国際交流委員会
誌名: 筑波技術短期大学テクノレポート
巻: 8
号: 1
開始ページ: 205
終了ページ: 209
抄録: 聴覚障害を併せる学生がアメリカの高等教育機関で学ぶ際に、各機関がどのようなサポートを提供しているのか3機関を訪問して調査した。訪問した機関は、シアトルセントラルコミュニティカレッジ、セントポール工科大学、米国立聾工科大学である。これらに共通の支援内容としては手話通訳、ノートテイク、カウンセリング等が挙げられる。情報補償の支援は各機関が独自に養成コースを有し、聴覚障害者本人の学習に十分な配慮がなされていた。またデフスタディ(聾文化研究)の講義も開設されている。さらに上記2大学を含む4機関が拠点となり、全米の一般大学で学ぶ聴覚障害学生と当該大学への支援のための教育機関ネットワークを米国教育省および特殊教育・リハビリテーション局の後援にて進めていることを知り得た。我が国の高等教育機関に学ぶ聴覚障害学生への支援を考える上でも有益な情報を収集することができたと考える。
URI: http://hdl.handle.net/10460/537
出現コレクション:Vol. 8

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec08_1_34.pdf26.34 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/537

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください