スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0101 「筑波技術短期大学テクノレポート」 >
Vol. 8 >

タイトル: 聴覚障害学生のメディア活用に関する考察
別タイトル: チョウカク ショウガイ ガクセイ ノ メディア カツヨウ ニ カンスル コウサツ
Visual Presentation using Information Technology by Hearing Impaired Students
著者: 加藤, 伸子
内藤, 一郎
大塚, 和彦
キーワード: 教育支援
メディア・リテラシー
聴覚障害教育
発行日: Mar-2001
出版者: 筑波技術短期大学学術国際交流委員会
誌名: 筑波技術短期大学テクノレポート
巻: 8
号: 1
開始ページ: 99
終了ページ: 103
抄録: 聴覚障害者にとっての効果的な双方向コミュニケーション支援システム及びメディア・リテラシーについて検討を行っている。まず聴覚障害者がプレゼンテーション装置などの様々なメディアを用いて双方向コミュニケーションを行う際の問題点を明らかにする必要がある。本報告では実際にタッチ式モニタと液晶プロジェクタ及びタッチ式プラズマ・ディスプレイを用いて学生が自らプレゼンテーションを行った場合のメディア利用状況の比較を行い、聴覚障害学生がメディアを活用する上での問題点について考察する。
URI: http://hdl.handle.net/10460/523
出現コレクション:Vol. 8

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec08_1_17.pdf75.17 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/523

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください