スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0101 「筑波技術短期大学テクノレポート」 >
Vol. 7 >

タイトル: Special Education and Rehabilitation of People with Visually and Hearing Impairments in Russia
別タイトル: Special Education and Rehabilitation of People with Visually and Hearing Impairments in Russia
Special Education and Rehabilitation of People with Visually and Hearing Impairments in Russia
著者: Yuri Y. Lesnevsky
発行日: Mar-2000
出版者: 筑波技術短期大学学術国際交流委員会
誌名: 筑波技術短期大学テクノレポート
巻: 7
開始ページ: 187
終了ページ: 190
抄録: 障害を持った人に対する支援には,支援に携わる人たち、教育の形、教育カリキュラム、目的とする職種、によって種々の形がある。障害(視聴覚を含む全ての障害)をもったロシアの大学生の総数は今日約2000人である。視聴覚に障害をもつ人々の教育にた携わっている先導的な教育機関はバウマン国立モスクワ工科大学(モスクワ、聴覚障害)、国立芸術専門大学(モスクワ、視聴覚障害)、ゲリツェン国立ロシア教育大学(サンクトペテルブルグ、視聴覚障害)である。ロシアの東部において障害(おもに聴覚であるが視覚および運動も含まれている)を持つ人々の初等、中等、高等職業教育は、ノボシビルスク国立技術大学に設置されたInstitute of Social Rehabilitation(社会自立学院)で本文表1に示す9個の分野で行われている。近年これらの特殊教育は特殊あるいは公立の図書館と協力して行われるようになった。
URI: http://hdl.handle.net/10460/494
出現コレクション:Vol. 7

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec07_0_33.pdf22.81 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/494

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください