スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.15 >

タイトル: 聴覚障害者のためのリカレント教育の検討
別タイトル: チョウカク ショウガイシャ ノ タメ ノ リカレント キョウイク ノ ケントウ
Study of Recurrent Education for the Hearing Impaired
著者: 内藤, 一郎
加藤, 伸子
河野, 純大
村上, 裕史
若月, 大輔
西岡, 知之
皆川, 洋喜
黒木, 速人
白澤, 麻弓
石原, 保志
三好, 茂樹
キーワード: 聴覚障害者
リカレント教育
遠隔講義
多地点間通信
立体映像通信
発行日: Mar-2008
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 15
開始ページ: 57
終了ページ: 61
抄録: 本学の短期大学時代の卒業生は社会の中核を担う世代になってきており、卒業生自身からばかりでなく、社会からもスキルアップを望む声は強い。また、この世代は聴覚障害者の高等教育機関への進学率が決して高くなかったことから、リカレント教育への希望が強いとも考えられる。今回、本学卒業生を対象に資格取得を目的としたリカレント教育を企画・実施した。今回のプロジェクトでは、東京会場での実施、テレビ会議システムを使った遠隔講義の実施、多地点の会場同士での通信、立体映像通信の検討などを行った。本稿では、実施した結果を報告するとともに、その結果を基に、将来的な取組みの可能性についても考察する。
URI: http://hdl.handle.net/10460/190
出現コレクション:Vol.15

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec15_0_10.pdf728.38 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/190

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください