スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.25 No.2 >

タイトル: 聴覚障害学生支援に関する他大学支援の機能充実に向けた取り組みと課題
別タイトル: チョウカク ショウガイ ガクセイ シエン ニ カンスル タダイガク シエン ノ キノウ ジュウジツ ニ ムケタ トリクミ ト カダイ
Achievements and Problems Related to Function Enhancement of Consultation and Support in a Resource Center for Deaf or Hard-of-Hearing Students
著者: 中島, 亜紀子
萩原, 彩子
磯田, 恭子
白澤, 麻弓
石野, 麻衣子
平良, 悟子
吉田, 未来
キーワード: 障害学生支援
合理的配慮
聴覚障害学生
相談機関
発行日: Mar-2018
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 25
号: 2
開始ページ: 31
終了ページ: 35
抄録: 本学障害者高等教育研究支援センターでは,2007 年度より聴覚障害学生支援の拠点形成事業に取り組み,全国の高等教育機関における聴覚障害学生支援の総合的窓口としての基盤を確立してきた。近年,障害学生支援を取り巻く状況は大きく変化しており,本事業においては相談対応の窓口として各高等教育機関からどのような役割や機能が求められているかを把握し,機能充実を図っていく必要がある。本稿では,障害者差別解消法施行前の2014 年度~ 2016 年度における相談事業のうち,特に高等教育機関に対する相談対応の取り組み状況と事例を紹介し,今後の機能充実に向けた課題について報告する。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1661
出現コレクション:Vol.25 No.2

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec25_2_07.txt16.58 kBText見る/開く
Tec25_2_07.pdf866.22 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1661

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください