スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.25 No.1 >

タイトル: 電話リレーサービス運用方法に関する実地調査
別タイトル: デンワ リレー サービス ウンヨウ ホウホウ ニ カンスル ジッチ チョウサ
Field Study on Operation methods for Telecommunication Relay Services in the USA and South Korea
著者: 井上, 正之
大杉, 豊
小林, 洋子
小島, 展子
キーワード: 電話リレーサービス
聴覚障害者
通信サービス
発行日: Dec-2017
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 25
号: 1
開始ページ: 53
終了ページ: 57
抄録: 電話リレーサービス(Telecommunication Relay Service)は,世界中をくまなく覆っている「音声電話」のネットワークを聴覚障害者が利用可能となるサービスであり,聴覚障害者の社会参加を促進する上で不可欠なものであり,欧米などでは既に電話リレーサービスが公的サービスとして提供されてきている。日本でも東日本大震災をきっかけとして日本財団によるモデルプロジェクトを通じて電話リレーサービスの利用が広がりつつあるが,公的サービスとして確立させていくためには運用面でのノウハウの蓄積が必要となる。本報告では,米国・韓国などでの電話リレーサービス運用法の実地調査の概要について述べる。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1599
出現コレクション:Vol.25 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec25_1_10.pdf2.59 MBAdobe PDF見る/開く
Tec25_1_10.txt12.5 kBText見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1599

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください