スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.25 No.1 >

タイトル: Open-source software と open-hardware を用いて構築した顕微鏡オートフォーカスシステムの検討
別タイトル: Open-source software ト open-hardware オ モチイテ コウチクシタ ケンビキョウ オート フォーカス システム ノ ケントウ
Construction of Autofocus Microscope Using Open-source Software and Hardware
著者: 加藤, 一夫
キーワード: オートフォーカス
全反射顕微鏡
pgFocus
Micro-manager
発行日: Dec-2017
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 25
号: 1
開始ページ: 32
終了ページ: 40
抄録: Open source software( Micro-Manager, UCSF, CA)および open hardware( pgFocus,Univ. of Massachusetts, MA)を利用し,比較的容易で低コストのオートフォーカスシステムを構築した。今回,3つのオートフォーカスシステムを構築した。(1)ステップモーターによるフォーカス用ノブの駆動,または(2)ピエゾ対物レンズ用スキャナー(P-721; Physik Instrumente, Germany)とオートフォーカスソフトウエアの組み合わせ,および,(3)ピエゾスキャナーとpgFocusとの組み合わせ,の3つを構成し,これら3つのシステムを比較検討した。その結果,(1)と(2)のオートフォーカスシステムに関しては位相差顕微鏡法などの低倍率での観察に有用であったが,高倍率での観察には不向きであった。また,(3)に関しては全反射顕微鏡法のエバネッセント場を照射した後の回帰レーザー光を直接利用することにより高倍率の観察で非常に高精度なオートフォーカスが可能であった。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1596
出現コレクション:Vol.25 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec25_1_07.pdf5.6 MBAdobe PDF見る/開く
Tec25_1_07.txt13.45 kBText見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1596

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください