スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.25 No.1 >

タイトル: 聴覚障害学生の日本語に関する困難点の分析(2)~語彙ネットワークの緊密化に関して~
別タイトル: チョウカク ショウガイ ガクセイ ノ ニホンゴ ニ カンスル コンナンテン ノ ブンセキ 2 ゴイ ネットワーク ノ キンミツカ ニ カンシテ
Analysis of Difficulties for Hearing Impaired Students Regarding the Formation of Japanese Vocabulary Networks
著者: 脇中, 起余子
キーワード: 聴覚障害者
日本語
語彙ネットワーク
ベン図
発行日: Dec-2017
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 25
号: 1
開始ページ: 12
終了ページ: 17
抄録: 筑波技術大学における1年次必修科目「日本語表現法A」と「日本語表現法B」の中で,聴覚障害学生の日本語に関する困難点を,「語彙ネットワークの緊密化」に焦点をあててまとめた。降水確率の数値は雨の強弱を表すと解釈した学生が2割前後見られた。台風の予報円において「円の大きさは台風の強さを表す」と解釈した学生が少なくとも3割見られた。「菱形は台形と言えるか」「正方形は長方形と言えるか」などについて,定義が示されると正答率が高まったが,これらの文章問題に完全正答することとベン図が描けることは別物であった。「障害者が使える設備」や「火気厳禁」のピクトグラムについて,絵の具体的特性にとらわれ,対象者や行為の範囲を広げたり抽象度を高めたりすることが難しい例が相当数見られた。これらは,従来から指摘されている聴覚障害者の抽象的思考の困難さと関連すると思われた。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1592
出現コレクション:Vol.25 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec25_1_03.pdf1.97 MBAdobe PDF見る/開く
Tec25_1_03.txt20.39 kBText見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1592

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください