スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.25 No.1 >

タイトル: 聴覚障害学生の日本語に関する困難点の分析(1)~「もらう・くれる」「いただく・くださる」に関して~
別タイトル: チョウカク ショウガイ ガクセイ ノ ニホンゴ ニ カンスル コンナンテン ノ ブンセキ 1 モラウ クレル イタダク クダサル ニ カンシテ
Analysis of Difficulties for Hearing Impaired Students Regarding Japanese Verbs That Express Giving or Receiving
著者: 脇中, 起余子
キーワード: 聴覚障害者
日本語
授受構文
ウチソト
敬語
発行日: Dec-2017
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 25
号: 1
開始ページ: 5
終了ページ: 11
抄録: 筑波技術大学における1年次必修科目「日本語表現法A」と「日本語表現法B」の中で,聴覚障害学生の日本語に関する困難点を,特に「もらう・くれる」と「いただく・くださる」に焦点をあててまとめた。「あげる」と「もらう」について,助詞は適切に扱えるが,ウチソトとの関連で正否が適切に判断できない学生が相当数見られた。また,「くれる」について,助詞が適切に扱えない学生が相当数見られ,このことが「くださる」や「いただく」における助詞の誤用につながっていると思われた。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1591
出現コレクション:Vol.25 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec25_1_02.pdf1.31 MBAdobe PDF見る/開く
Tec25_1_02.txt23.16 kBText見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1591

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください