スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.23 No.1 >

タイトル: 医療教育グローバル化を目指した視覚に障害のある人に対する英国のマッサージ教育視察と資格試験調査
別タイトル: イリョウ キョウイク グローバル カ オ メザシタ シカク ニ ショウガイ ノ アル ヒト ニ タイスル エイコク ノ マッサージ キョウイク シサツ ト シカク シケン チョウサ
An Educational Tour of a Massage Course for Students with Visual Impairments in the United Kingdom and an Examination of International Certification Tests for the Globalization of Japan’s Massage Education
著者: 殿山, 希
佐々木, 健
笹岡, 知子
近藤, 宏
大越, 教夫
キーワード: Royal National College for the Blind,ITEC
国際交流
視覚障害教育
マッサージ
発行日: Dec-2015
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 23
号: 1
開始ページ: 72
終了ページ: 77
抄録: 英国Royal National College for the Blind(RNC)のComplementary therapy コース(補 完代替医療コース)で行われている手技療法教育の現状を視察した。視覚に障害のある人の希望や人生設計に合わせて,マッサージやリフレクソロジーなどのITEC level 3 受験に対応した教育が行われていた。日本の国家資格を得た上で,希望する学生がITEC 資格を取得できれば,海外で働くという選択肢が可能になることを考慮して,ITEC 資格を検証した。試験に必要な科目・内容・必要時間数は日本の国家資格であるあん摩マッサージ指圧師(約2,000 時間)に比較してずいぶん少なく(295 時間),専攻のカリキュラムでも受験資格が与えられることが判明した。しかし,導入については,学生にRNC での英語による実習授業などの研修を加えて魅力あるグローバル化教育が実現する一方,内容が充実している日本のあん摩マッサージ指圧教育や日本の医療制度の正道をはずす懸念も専攻内から指摘され,実施には再検討が必要とされた。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1436
出現コレクション:Vol.23 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec23_1_13.txt16.68 kBText見る/開く
Tec23_1_13.pdf1.07 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1436

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください