スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.20 No.1 >

タイトル: 過去問反復学習を取り入れた国家試験への取組とその効果の検証
別タイトル: カコモン ハンプク ガクシュウ オ トリイレタ コッカシケン ヘ ノ トリクミ ト ソノ コウカ ノ ケンショウ
Verification of the Effects of an Approach to Repetitive Learning on Students Preparation for the License Examination in Acupuncture and Moxibustion
著者: 池宗, 佐知子
成島, 朋美
東條, 正典
緒方, 昭広
佐々木, 健
大越, 教夫
キーワード: 反復学習
国家試験補習
視覚障害学生
自主学習
発行日: Dec-2012
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 20
号: 1
開始ページ: 57
終了ページ: 60
抄録: 授業の補完的に過去問を用いた国家試験対策を行い、その学習効果を模擬試験にて評価し た。模擬試験の受験者は6名であった。模擬試験実施時に国家試験対策が終了していた科目は全 国平均よりも約10%高い値であった。さらに、自己学習時間の伸長が認められ、過去問対策の必要 性が示された。今後は、視覚障害学生に対応した教材を作成し、国家試験に向けた自学自習環境 の整備を推進する。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1135
出現コレクション:Vol.20 No.1

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec20_1_10.pdf816.39 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1135

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください