スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.19 No.2 >

タイトル: 地域医療における統合医療を目指して 筑波技術大学保健科学部附属東西医学統合医療センター 2010 年度 鍼灸部門 外来報告
別タイトル: チイキ イリョウ ニ オケル トウゴウ イリョウ オ メザシテ ツクバ ギジュツ ダイガク ホケン カガク ブ フゾク トウザイ イガク トウゴウ イリョウ センター 2010 ネンド シンキュウ ブモン ガイライ ホウコク
Activities of an Acupuncture Clinic at the Center for Integrative Medicine for 2010
著者: 近藤, 宏
櫻庭, 陽
平山, 暁
柴崎, 正修
キーワード: 統合医療
鍼灸
患者動向
統計
インシデント
発行日: Mar-2012
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 19
号: 2
開始ページ: 73
終了ページ: 77
抄録: 東西医学統合医療センター鍼灸部門の2010 年度における外来患者統計を報告する。診療日数は240 日で、延べ来診患者総数は、9392 人であった。内訳は、新患が437 名、再診が8955名であった。男女比は男性が38.0%、女性が62.0%であった。年代別では、60 歳代が最も多かった。主訴で最も多かったものは、腰痛110 件で、次いで、肩こり59 件、肩関節痛36 件と続いた。インシデント・アクシデントに関する報告は、67 件あった。分類別では、「鍼の抜き忘れ」(20 件)が最も多く、次いで「内出血」、「愁訴の悪化」(各13 件)であった。
URI: http://hdl.handle.net/10460/1087
出現コレクション:Vol.19 No.2

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec19_2_14.pdf636.07 kBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1087

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください