スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0103 「TCT Education of Disabilities」 >
Vol. 2 >

タイトル: The Cross-Linguistic Study of Sign Languages
著者: Fischer, Susan
キーワード: sign language
language
international
linguistics
crosslinguistic
発行日: Mar-2003
出版者: The Committee for Research and International Relations, Tsukuba College of Technology
誌名: TCT Education of Disabilities
巻: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 17
抄録: Limiting ourselves to the study of only one sign language can be dangerous linguistically as well as politically. The study and comparison of sign languages around the world can give us insights into how language is structured, how the channel of communication affects language structure, and what is possible in the signing modality. Data from American Sign Language, NihonSyuwa, and Chinese Sign Language are discussed to illustrate these points.
URI: http://hdl.handle.net/10460/106
出現コレクション:Vol. 2

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
ETec02_0_01.pdf15.17 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/106

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください