ホーム > ニュース > 春日祭にて筑波技術大学開学30周年記念切手展を開催

春日祭にて筑波技術大学開学30周年記念切手展を開催

ヘレンケラー20代の肖像の切手平成29年11月4日 土曜日、本学春日キャンパスで開催の春日祭(学園祭)において筑波技術大学開学30周年記念切手展を行いました。主な展示作品は、「ヘレン・ケラー その生涯と業績」、「視覚障害」、「ルイ・ブライユ生誕200年切手」、「障害者スポーツ」(いずれも大沢 秀雄所蔵)でした。

写真は、今回の記念展の小型印です。図案は我が国の障害者福祉に多大の影響を与えたヘレン・ケラーの20歳代の肖像です。台切手は20世紀デザイン切手シリーズのヘレン・ケラーの切手を使用しました。切手展当日はつくば作谷郵便局(石塚 誠局長)の臨時郵便局が設置されました。

(保健科学部保健学科鍼灸学専攻 大沢 秀雄/2017年12月21日)