ホーム > ニュース > 医療センター研修生 全日本鍼灸学会学術大会で発表

医療センター研修生 全日本鍼灸学会学術大会で発表

参加者の集合写真第66回全日本鍼灸学会学術大会が6月10日 土曜日、11日 日曜日の2日間、東京大学で開催されました。全日本鍼灸学会は毎年この時期に開催され、鍼灸師や医師をはじめとした多くの医療関係者が参加します。今大会では、研修生2年目の秋永陽香さん、飯田藍さん、白石一博さん、根本美咲さん、福岡彩音さんの計5名が発表を行いました。発表内容は、研修で経験した症例や調査研究などでした。昨年末から準備を始め、開催前の数ヶ月は通常の臨床とともに予行練習をするなど、とても忙しい毎日だったようです。練習の甲斐もあり、当日は立派に発表を終え、参加者からの質問等にもしっかりと回答していました。座長からも、評価を受けていました。また、研修を修了された先生方の発表も数題あり、元気で活躍しているようでした。皆さんのますますの活躍を期待しています。

写真は発表者らによる集合写真です。

(東西医学統合医療センター 櫻庭 陽/2017年6月14日)