ホーム > ニュース > 部局を越えたテーマ別教育研究推進のためのディスカッションを実施

部局を越えたテーマ別教育研究推進のためのディスカッションを実施

ディスカッションの様子

3月2日 木曜日、天久保キャンパス大会議室において、学術・社会貢献推進委員会の事業として「平成28年度部局を越えたテーマ別教育研究推進のためのディスカッション」を開催しました。この会は、教員各位の教育研究活動の高度化ならびに新たな教育活動の創出を目的とし、各部局の専門分野の方に話題提供を頂きディスカッションの場を提供するものです。平成25年度に始まり4回目の実施となる今回は、「技大に着任し数年経ち思うこと」をテーマとしました。本学の5名の教職員をファシリテータと話題提供者として、ディスカッションを行いました。

  • ファシリテータ:倉田 成人・産業技術学部・教授
  • 話題提供者1:白石 優旗・産業技術学部・講師「How to Make NTUT a Better Place」
  • 話題提供者2:脇中 起余子・障害者高等教育研究支援センター・准教授「情報保障に関して思うこと」
  • 話題提供者3:嶋村 幸仁・保健科学部・准教授「ビジネス知識で大学発ベンチャーを!!」
  • 話題提供者4:小林 ゆきの・障害者高等教育研究支援センター・講師「産前産後・育児休業を取得して」

4名の教員からの話題提供の後、46名の参加者と本テーマに関するディスカッションが行われました。短時間ではありましたが、学長を交えた活発な議論が行われ、本学の教育研究や管理運営について情報交換、共有がなされました。写真は、ディスカッションの様子です。

(学術・社会貢献推進委員会 若月 大輔、岡崎 彰夫、松下 昌之助/2017年3月15日)