ホーム > ニュース > 「障害者高等教育拠点事業 FD/SD研修会」を実施

「障害者高等教育拠点事業 FD/SD研修会」を実施

左の写真は会場内の様子、右の写真はパネルディスカッションの様子

2月6日 金曜日、春日キャンパスにおいて「FD/SD研修会~合理的配慮の実施に向けた拠点事業の機能と役割~」を開催しました。これは、教育関係共同利用拠点(文部科学省認定)である障害者高等教育研究支援センターが、「障害者高等教育拠点」事業の一環として開催したものです。

当日は、全国の大学や特別支援学校等42校・機関から48名の参加者がありました。

本研修会では、プログラムの実施をとおして、高等教育機関における障害学生支援での本事業の活用方法の提案や、合理的配慮の実施に向けた指導・支援のあり方について議論を行いました。事例報告では、本事業を活用した3大学の支援担当者から報告がありました。参加者からは多くの質問が寄せられ、活発な意見交換がなされました。

また、取組担当者によるパネルディスカッションでは、各取組の実績を報告するとともに、今後の共同利用拠点事業の果たすべき役割について提案がなされました。プログラムの前後には、パネル展示・支援機器室見学も行われました。

左の写真は会場内の様子、右の写真はパネルディスカッションの様子です。

(障害者高等教育研究支援センター 須藤 正彦/2015年2月17日)