ホーム > ニュース > 「第6回学生のための講演会」を開催

「第6回学生のための講演会」を開催

年金(左)とオンラインセーフティ(右)に関する講演会の様子

10月25日 水曜日14時40分より天久保キャンパス講堂において、第6回学生のための講演会を開催しました。

前半の「年金に関する講演会」では、土浦年金事務所の佐瀬かがり氏、石井昌弘氏をお招きし、年金制度と障害年金制度についてご講演いただきました。アニメーションを使った説明により、制度の内容や運営などについて分かりやすくご説明いただき、講演後には学生から多数の質問が寄せられていました。

後半の「オンラインセーフティに関する講演会」では、グーグル合同会社のウォータ・ティールン氏をお招きし、インターネットやSNSの安全な使用方法についてご講演いただきました。講演中は、実際にスマートフォンを使ったアクティビティなどを行い、会場の学生との活発な意見を交えながら、利便性の裏側にある影響力やリスクを知り、安全に利用するための知識を学ぶことがでました。

両講演とも、社会生活を送るなかで認識しておくべき知識を学ぶ、有意義な機会となりました。当日は、天久保キャンパスの学生約50名に加え、約10名の教職員が参加しました。

この講演会は天久保キャンパスの聴覚障害系寄宿舎学生生活委員会が主催し、今後も学生が学んでおくべきテーマについて、それぞれの分野の専門の講師をお招きして開催する予定です。

(聴覚障害系寄宿舎学生生活委員会/2017年11月9日)