ホーム > ニュース > ミュンヘン大学大学院生の訪問

ミュンヘン大学大学院生の訪問

学長訪問の様子

5月19日 金曜日に筑波大学に短期滞在しているミュンヘン大学心理教育学部ろう・難聴教育学講座修士課程2年生の Anna Huberさんと Vanessa Pataneさんが本学にも一日研修に来られました。二人の研究テーマは聴児と共に学ぶ聴覚障害児です。 学長室訪問のあと一年生の英語の授業で学生と交流し、一般校での経験や聾学校の交流活動などについて、学生から直接情報収集しました。教員との個人面談のあと、茶道部学生によるお茶会に出席し、日本文化に触れる機会もありました。

写真は学長室訪問の写真です。

(障害者高等教育研究支援センター 松藤 みどり/2017年6月13日)