ホーム > 大学案内 > 情報公開 > その他の情報提供

その他の情報提供

国立大学法人筑波技術大学規則集

大学機関別認証評価

自己評価書

経営協議会議事要旨

公的研究費等の不正使用に係る取り組みについて

筑波技術大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(改正:平成26年2月18日文部科学大臣決定)に基づき、国立大学法人筑波技術大学における公的研究費等の運営・管理に関する規則を制定し、運営・管理を適正に行うための責任と権限を明確にするとともに不正使用に係る通報窓口 などを次のとおり設置いたしました。

このページの内容 に戻る

研究活動に係る不正行為の通報窓口等

筑波技術大学では、文部科学省の研究活動の不正行為に関する特別委員会報告「研究活動の不正行為への対応のガイドラインについて(平成18年8月8日科学技術・学術審議会)」及び「研究費の不正な使用の対応について(平成18年9月文部科学省通知)」を踏まえ、「国立大学法人筑波技術大学における研究活動の不正行為防止等に関する規則」を制定し、不正行為の通報受付窓口を下記のとおり設置しましたので、お知らせします。

通報受付窓口

筑波技術大学総務課内

  • 電話: 029-858-9002(総務課長直通)
  • FAX: 029-858-9312
  • 電子メール: soumukatyou[at]ad.tsukuba-tech.ac.jp
    ※ [at]は@です。
  • 文書送付先:〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
    筑波技術大学総務課総務課長 宛(親展)

※電話による受付は、平日9:00~17:00です。
※ファクシミリを送られる方は、事前に電話でご連絡願います。

通報を行う場合の留意点

  1. 研究活動に係る不正行為とは、「捏造」「改ざん」「盗用」等によるものが対象となりなります。
  2. 通報は、氏名、所属等を明記した別紙「研究活動不正行為通報書(PDF 11KB)」により行ってください。
  3. 研究活動不正行為通報書には、研究不正行為を行ったと思料する研究者・グループ、研究不正行為の態様及び事案の内容を明示し、かつ、不正とする科学的合理的理由を、記載してください。
  4. 通報は、原則として当該申立てに係る事実の発生の日から起算して、5年以内の不正事案とします。
  5. 通報者は、当該通報を行ったことを理由として、不利益な取扱いを受けることはありませんが、調査の結果、通報が悪意に基づく虚偽のものと判明したときは、通報者の氏名の公表や法人規則等に基づく懲戒処分、告訴又は告発等の措置を講じることがあります。

個人情報の保護について

国立大学法人筑波技術大学における個人情報の保護について

人権尊重についての基本姿勢

外部相談窓口

筑波技術大学総務課内

  • 電話: 029-858-9002(総務課長直通)
  • FAX: 029-858-9312 ※電話による受付は、平日9:00~17:00です。

教員評価

本学では、教員個人の活動状況について点検・評価し、教育研究等の向上に資するため、筑波技術大学教員評価指針に基づき教員評価を実施しました。

教員評価は、「教育」「学術・研究」「社会・国際貢献」及び「組織運営・管理」の4カテゴリーの活動について、各教員が「WEB評価システム」に入力したデータに基づき、評価するものです。

 

キャンパスマスタープラン

温室効果ガス排出抑制等のための実施計画

動物実験に関する情報

 

このページのトップに戻る