ホーム > 学部・大学院 > 大学院 技術科学研究科 > 情報アクセシビリティ専攻 > 情報アクセシビリティ専攻3つのポリシー

情報アクセシビリティ専攻3つのポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

「情報保障学」に関する知識や技能を身につけた専門的かつ高度な支援者や教育・研究者を育成することを目指しています。
 そのため、以下の知識、能力を身につけることを目標とします。

  • 情報保障学に関わる高度専門職業人としての理論的・実践的能力を有すること
  • 情報保障学に関わる教育、心理、医療、保健、福祉、労働及び工学等の分野について、専門性を深めることができる研究能力を有すること
  • 広い視野に立って障害者支援の諸課題に対応できる実践応用的な能力を有すること

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

障害者支援(聴覚障害)コース、障害者支援(視覚障害)コース、手話教育コースの3コースを設置し、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成しています。

  • それぞれの進路を考慮し、それらに即した内容を理論及び実践面から学習できる体系的な教育課程を編成
  • 共通科目では、障害をめぐる課題を科学的に把握し、主体的に探究するための基礎となる科目を開設             
  • 選択科目では、情報保障及び障害特性、手話言語に関する科目を開設
  • 共通科目及び選択科目で学んだことを統合し、自らの課題に即した研究を進めるための情報アクセシビリティ特別研究を開設

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

障害者支援の中核的な役割を担いうる高度専門職業人および情報保障に関する教育・研究者を育成することを目標としています。
 そのため、上記目標を達成できるような資質や意欲を持った以下のような人材を求めています。

  • 情報保障学を学ぶために必要な学力と障害に対する理解を有し、情報アクセシビリティを高めるために様々な工夫をし、知識を活用できる人
  • 知的好奇心を持って未知なる課題や困難な問題に積極的に取り組み、解決していく人
  • 高度で専門的な知識や技術を持つ支援者、教育・研究者として、社会に積極的に参加し、共生社会の実現とその発展に貢献しようとする人