日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ NEW聴覚障害学生のための意思表明支援のために NEW聴覚障害学生支援ガイドTipSheet(改訂版) 大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック 【事例集】学生同士がつながる支援コミュニティづくり NEW遠隔情報保障コンテンツ集 聴覚障害学生のエンパワメント事例集 大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!― パソコンノートテイクスキルアップ!教材集「やってみよう!連係入力」 東北地区大学支援プロジェクト 報告書 支援技術導入リーフレット 聴覚障害学生のエンパワメント モデル研修会報告書 障害学生支援担当者に関する実態調査報告書 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ DVDシリーズ「Access!聴覚障害学生支援」 聴覚障害学生支援FAQ はじめての聴覚障害学生支援講座 大学訪問レポート 実践事例アイディア集 聴覚障害学生支援システムができるまで【資料集】 大学ノートテイク支援ハンドブック パソコンノートテイク導入支援ガイド 音声認識によるリアルタイム字幕作成システム構築マニュアル 理解啓発DVD「Being Deaf」日本語字幕 理解啓発教材「It's a Deaf, Deaf World」和訳 関連書籍紹介 聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査 各種研修・セミナー NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

まず知ってほしい基礎知識
 2.コミュニケーション


聴覚障害学生とコミュニケーションをとる際に用いることができる手段には、口話(こうわ)や筆談、手話などがあります。

口話というのは、口の形を読み取ったり、聞こえてくる音や表情、話の流れから相手の話していることを察知して話をする方法のことで、話をする側は口の形をはっきりあけ、ゆっくり話すなどの配慮が不可欠です。また、表情や身振りを用いたり、通じにくい部分には筆談や空間に文字を書く空書(くうしょ・そらがき)等を併用したりすると、より確実なコミュニケーションをとることができます。

イラスト:手話の例ただ、口話によるコミュニケーションでは、どうしても不確実さが残ってしまうのも事実です。また、複数人の会話を同時に読み取ることはできないので、何人かの教職員とともに会話をしている場面では、ともすると聴覚障害学生のみがその場のコミュニケーションから置き去りにされがちです。そのため、手話を用いる学生に対しては教職員側も少しずつ手話を覚えて使ってみたり、積極的に筆談に応じるなど、聴覚障害学生側に歩み寄る姿勢も見せていきたいものです。

Q

すべての学生が手話を用いるワケではないのですか?

聴覚障害学生が用いているコミュニケーションの手段は、その学生が育ってきた背景によって大きく異なります。
学生の中には、「インテグレーション」といって普通の学校で聞こえる児童とともに学んできたケースも多く、この場合には大学に入るまで手話に触れる機会がなかったという例も多く見受けられます。また、「聾学校」の中でも、最近でこそ幼少期から手話を用いる例が増えてきましたが、基本的には口話による教育が主流で、中学校や高校段階になってはじめて本格的に手話を用いた授業を受けることが多いのが現在の状況です。



→ このページの先頭に戻る
→ 「はじめての聴覚障害学生支援」メニューに戻る



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学