日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ NEW聴覚障害学生のための意思表明支援のために NEW聴覚障害学生支援ガイドTipSheet(改訂版) 大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック 【事例集】学生同士がつながる支援コミュニティづくり NEW遠隔情報保障コンテンツ集 聴覚障害学生のエンパワメント事例集 大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!― パソコンノートテイクスキルアップ!教材集「やってみよう!連係入力」 東北地区大学支援プロジェクト 報告書 支援技術導入リーフレット 聴覚障害学生のエンパワメント モデル研修会報告書 障害学生支援担当者に関する実態調査報告書 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ DVDシリーズ「Access!聴覚障害学生支援」 聴覚障害学生支援FAQ はじめての聴覚障害学生支援講座 大学訪問レポート 実践事例アイディア集 聴覚障害学生支援システムができるまで【資料集】 大学ノートテイク支援ハンドブック パソコンノートテイク導入支援ガイド 音声認識によるリアルタイム字幕作成システム構築マニュアル 理解啓発DVD「Being Deaf」日本語字幕 理解啓発教材「It's a Deaf, Deaf World」和訳 関連書籍紹介 聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査 各種研修・セミナー NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

Q 本当にこのような支援体制の構築が必要なのですか?

聴覚障害学生支援先進国のアメリカでは、在籍する聴覚障害学生への支援のために手話通訳者を職員として雇用するのが一般的です。また、近年我が国でもこうした方法で専門性の高い保障を提供する大学も出てきています。すべての学生に対してきちんと伝わる授業を実施すること、これは、本来大学教員あるいは大学全体にとっての責務であるはずです。

そう考えると、このような情報保障体制の構築も、少数の聴覚障害学生のためではなく、大学側が本来の責務をまっとうするためのひとつの手段であると考えられます。たった1人・2人の学生のためにそこまでの労力はかけられないとか、そのような予算的余裕はないなど、いろいろな事情もあるかもしれません。けれども、今目の前にいる学生のために構築した体制は、今後必ず大学にとっての大きな価値になるはずです。

もちろん、今すぐに立派な制度を作ることは難しいかもしれません。けれども、今先駆的な取り組みを行っている大学もみんなはじめは1人の学生の入学がきっかけに少しずつ体制を整えていったものなのです。ですから、ぜひとも聴覚障害学生支援を大学の財産のひとつとしてとらえ、よりよい大学作りのために、すべての学生が等しく学習できる環境作りを進めていっていただければ幸いです。

TipSheet「高等教育における聴覚障害学生支援」白澤麻弓より(一部改)
(2007/11/30)


参考になる資料
講義保障の基本的な考え方ついては、以下のTipSheetに概要がまとめられています。
チップシート高等教育1チップシート高等教育2
TipSheet「高等教育における聴覚障害学生支援 ①」
 白澤麻弓(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター)

 聴覚障害学生支援の必要性
 聴覚障害学生の感じる困難
 講義保障の手段
 講義保障の担い手
                        →ダウンロード(pdf)



資料集の表紙
資料集合冊「聴覚障害学生支援システムができるまで」
資料集合冊の詳細はこちら



一歩進んだ聴覚障害学生支援 一歩進んだ聴覚障害学生支援−組織で支える−
「一歩進んだ聴覚障害学生支援−組織で支える−」の詳細はこちら



>>「聴覚障害学生支援FAQ」トップに戻る


第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学