日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ NEW聴覚障害学生のための意思表明支援のために NEW聴覚障害学生支援ガイドTipSheet(改訂版) 大学教職員のための地域通訳依頼ハンドブック 【事例集】学生同士がつながる支援コミュニティづくり NEW遠隔情報保障コンテンツ集 聴覚障害学生のエンパワメント事例集 大学での手話通訳ガイドブック ―聴覚障害学生のニーズに応えよう!― パソコンノートテイクスキルアップ!教材集「やってみよう!連係入力」 東北地区大学支援プロジェクト 報告書 支援技術導入リーフレット 聴覚障害学生のエンパワメント モデル研修会報告書 障害学生支援担当者に関する実態調査報告書 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ DVDシリーズ「Access!聴覚障害学生支援」 聴覚障害学生支援FAQ はじめての聴覚障害学生支援講座 大学訪問レポート 実践事例アイディア集 聴覚障害学生支援システムができるまで【資料集】 大学ノートテイク支援ハンドブック パソコンノートテイク導入支援ガイド 音声認識によるリアルタイム字幕作成システム構築マニュアル 理解啓発DVD「Being Deaf」日本語字幕 理解啓発教材「It's a Deaf, Deaf World」和訳 関連書籍紹介 聴覚障害学生のサポート体制に関する全国調査 各種研修・セミナー NEWシンポジウム 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

Q 字幕入りのビデオ教材を作成するには、どのような方法がありますか?

現在、字幕編集や挿入ができる様々なソフトウェアが市販されており、大学等でも字幕挿入支援を行う例が増えてきています。ここでは 、字幕入り教材を作成する手順と、ソフトを使った字幕作成方法について、大学での支援事例と併せて紹介します。
画像:字幕入りビデオを使った授業

1.字幕入り教材作りの流れ
映像教材に字幕を入れる作業は、使用するソフトウェアや大学の体制によって多少異なる場合もありますが、おおむね次のような手順で進 められます。

■映像をコピーし、編集可能な形式に変換する(原本映像に直接字幕を付けるのではなく、字幕入り映像を別に作成する)
■映像内の音声の文字起こしをする
■文字起こししたテキストを、字幕用に校正する(使用するソフトウェアや利用者のニーズに合わせ、学内で校正ルールを定めている ところが多い)
■字幕編集用ソフトウェア等を使って、映像に字幕を挿入する
■字幕入り映像をDVD等に出力する

全作業にかかる時間は、教材の長さや字幕作成を担当する人数・体制によって異なりますが、2週間〜1ヶ月を所要期間としている大学が多 いようです。

2.字幕編集用ソフトウェア
次に、映像に字幕を挿入する作業をするための、ソフトウェアについて紹介します。 導入しやすいソフトウェア選びのポイントは、主に次の3点です。

①作業工程が少なく、操作が簡単であること
②表示される字幕が見やすいこと
③低予算で導入できること(ソフトが安価、最小限の機器で運用可能)

以下に、上記のポイントを満たし実際に支援に導入されているシステムについて、大学の事例と併せて紹介します。

Camtasia Studio
【メーカー】テックスミス
【価格の目安】30,000円程度(アカデミック版は20,000円程度)
【字幕挿入の方法】映像を再生しながら、字幕テキストをクリックして、順次挿入していく
ソフトウェアの使い方や留意点については、2009年1月の支援技術講習会で扱われました。当日資料を参照して下さい。

聴覚障害学生支援技術講習会

EDIUS Neo
【メーカー】カノープス
【価格の目安】30,000円程度(アカデミック版は20,000円程度)
【字幕挿入の方法】一度に提示する字幕ごとに、挿入位置を指定しながら、順次映像に貼りつけていく
関西学院大学では、支援学生がビデオ教材への字幕挿入を行っています。
文字起こし作業に音声認識を活用しているのも特徴の一つです。
作業の詳細な手順は、大学訪問レポートをご覧ください。(なお、取材当時に使用されていたソフトウェアは、前身のEDIUS Proでした)

関西学院大学訪問レポート

■IBM字幕編集システム
【製品名】字幕編集システム
【メーカー】日本IBM
【価格の目安】190,000円
【字幕挿入の方法】音声認識を使って作成した文字起こしを、簡単な作業で字幕編集できる
授業の映像にパワーポイント映像、字幕を合成したe-learning教材を作ることができるシステムです。字幕は、授業中にリアルタイムで表 示することもでき、あとから字幕が合成された映像教材として活用することも可能です。実際に聴覚障害学生への情報保障のために導入し ている大学もあります。

その他、字幕挿入のソフトウェアとしては、以下のようなものもあります。

■CANVAS SST-G1
【メーカー】CANVAS
【価格の目安】300,000円程度(これに加え、専用の映像書き出し機器が必要)
【字幕挿入の方法】1つの画面上で、映像を確認しながら字幕データを編集し、完成後にオプション機器を使って映像に字幕を付けて書き出 す
字幕挿入に特化した専用ソフトで、映画の字幕挿入や聴覚障害者情報提供施設での字幕入りビデオ制作に使われています。

■パソコン要約筆記用ソフトIPtalk
パソコン要約筆記を行うためのフリーソフトIPtalkの「スライドエディタ」機能を使い、字幕を挿入する方法です。

■CaptionMaster
大倉孝昭教授によって開発された字幕挿入システム。あらかじめ編集した字幕テキストをMS Excelを使って、DVD映像に同期させながら表示します。元の動画を一切変更せずに済み、Excelとパソコン1台があれば簡単に閲覧することができます。

リーフレット5 1枚目画像


第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学