日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:
当日の様子
【第1部】 10:00〜11:45

【開会式】司会:根本匡文氏(筑波技術大学)

挨拶 筑波技術大学長 大沼直紀氏
祝辞 アメリカロチェスター工科大学副学長・国立聾工科大学(NTID)学部長T. Alan Hurwitz氏

  
開会式の様子。筑波技術大学コミュニケーション支援研究グループ(代表:内藤一郎教授)の開発による遠隔地情報保障システムを用い、分科会が行われている3会場と手話通訳スタジオを結んで開会式を実施。システムの詳細は「情報保障」参照。

【分科会】

聴覚障害学生分科会 司会:松崎丈氏(宮城県・仙台市聴覚障害学生情報保障支援センター)
「聴覚障害学生のエンパワメント ―被通訳者からユーザーへの転換―」
 討論の柱 仝醜圓旅眦教育支援における聴覚障害学生の実態
        聴覚障害学生から情報保障の質をどう高めていくのか?
          「情報保障ユーザーとしてのニーズをいかに示すか?」
             話題提供者 菊池真里氏 (群馬大学)
          「聴覚障害学生集団と情報保障」
             話題提供者 廣瀬浩幸氏 (関東聴覚障害学生懇談会)
        今後の情報保障に向けて聴覚障害学生がやれることは?

大学教職員分科会  司会:伊藤聡知氏(東京大学バリアフリー支援室)
「ニーズに応じた支援体制を目指して ―支援の立ち上げから維持、発展まで―」
 討論の柱 …鯵仂祿桶慇源抉腓亡悗錣覿疑Πの抱える課題とは
        聴覚障害学生のニーズと大学の状況に応じた支援体制作りのノウハウとは
          「聴覚障害学生のニーズを引き出す方略とその検証」
              話題提供者 岩田吉生氏 (愛知教育大学)
          「聴覚障害学生のニーズに応じた支援システムの拡充」 
              話題提供者 藤井克美氏 (日本福祉大学)
        今後に向けて大学にも学生にも有益な支援体制とは)

情報保障者分科会  司会:中島亜紀子氏(関東聴覚障害学生サポートセンター)
「大学における情報保障の専門性 ―手話通訳・ノートテイク・PC通訳―」
 討論の柱 …鯵仂祿桶慇犬料加、多様化の中で変化してきた情報保障ニーズ
        現場での実践から
          「聴覚障害学生のニーズに応じた通訳養成の取り組み」
              話題提供者 前田有紀氏 (愛媛大学)
          「講義における情報保障者養成の試み」 
              話題提供者 田中芳則氏 (広島大学)
        ニーズの多様化に応じるために
          ・情報保障の技術向上に向けて、必要な技術とは、研修の持ち方
          ・学生、教職員、情報保障者の連携体制、チームとして情報保障にあたる体制
          ・情報保障におけるルールの共有(個別への対応と一般化された基準の遵守)

  
各分科会会場の様子。左から聴覚障害学生分科会、大学教職員分科会、情報保障者分科会。いずれも「聴覚障害学生のニーズに立脚した支援」を柱に現在行っている支援からもう一段階踏み込んだ支援へと発展させるための方法について討議を行った。


【第2部】 13:00〜17:00

【全体会】 司会:根本匡文氏(筑波技術大学)

13:00〜13:30
   PEPNet-Japan設立趣旨説明
   白澤麻弓氏(筑波技術大学・日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan))

13:30〜14:45 
   講演会 「ロチェスター工科大学における聴覚障害学生支援(仮)」
   James J. DeCaro氏(国立聾工科大学(NTID) PEN-International)
15:00〜17:00
   パネルディスカッション 
   「次世代型情報保障を求めて―利用者から発信する情報保障のあり方―」
        司会:河野純大氏(筑波技術大学)
     パネラー:下島恭子氏(群馬大学大学院)
            太田晴康氏(静岡福祉大学)
            土橋恵美子氏(同志社大学学生支援センター)
            松崎丈氏(宮城県・仙台市聴覚障害学生情報保障支援センター)
     指定討論:吉川あゆみ氏(関東聴覚障害学生サポートセンター)

  
全体会の様子。左からPEPNet-Japan設立主旨説明、James J. DeCaro氏講演会、パネルディスカッション。講堂を埋め尽くす160名以上の参加者とともに、今後わが国において目指すべき聴覚障害学生支援のあり方について討議が行われた。

ごあいさつ開催要項当日の様子情報保障当日資料参加者の声



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学