日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 NEWPEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ 各種研修・セミナー NEWシンポジウム NEW第13回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2017) 第12回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2016) 第11回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2015) 第10回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2014) トップ 開催要項 NEW当日資料・報告書 参加者の声 コンテスト開催要項 コンテストFAQ コンテスト結果発表 関連企画:筑波技術大学見学ツアー 関連企画:第10回記念式典 学生情報交換会報告 第9回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2013) 第8回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2012) 第7回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2011) 第6回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2010) 第5回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2009) 第4回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2008) 第3回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2007) 第2回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2006) 第1回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2005) シンポジウム資料一覧 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

第10回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム


全体会写真 2014年11月9日に、つくば国際会議場(茨城県つくば市)において、「第10回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム」を開催しました。記念すべき第10回目となる今回は、全国の大学教職員、学生等507名(関係者含む)が参加し大変盛大な会となりました。第1回では164名の参加者でしたが、聴覚障害学生支援の広がりとともに毎年参加者が増加し、今年は初めて500名の大台を突破することができました。近年の聴覚障害学生支援への関心の高さと、本ネットワークの活動が広く認知されてきたことがうかがえます。皆様のご支援ご協力に深く感謝申し上げます。

午前中は全体会気箸靴董第10回を記念した特別企画「Let's talk about the future!―10年を振り返ってこれからの日本を考える―」を行いました。第1部では白澤麻弓事務局長(筑波技術大学)による講演「海の向こうに行ったら日本が見えた―最前線の支援に学ぶ今後の課題―」、第2部では聴覚障害学生支援の歴史を築いてきた講師陣を迎えての座談会「現在の到達点とこれからの日本―これまでの10年で行ってきたことは?これからの10年でなすべきことは?―」が行われ、我が国の聴覚障害学生支援の将来像を見据えた重要な指摘がなされました。

続いて行われたランチセッションでは、今回で7回目となる「聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト」を開催し、19の大学・団体から日頃の取り組みが紹介され、参加者の投票によって注目度の高い発表が表彰されました。あわせてミニセミナーや相談コーナーなど盛り沢山の企画で、時間が足りなくなるほどの盛況ぶりでした。

10回のあゆみパネルの写真午後に設けた分科会では、(1) 筑波技術大学における聴覚障害学生への指導について、一般大学においても取り入れられる具体的方法を紹介した基礎講座「聴覚障害学生から学び培う教育・支援の取り組み―筑波技術大学における実践を参考に―」、(2) 聴覚障害学生が大学時代に身につけるべきことを中心に取り上げ、聴覚障害学生のエンパワメントを考える「支援を受ける側から支援を考える立場へ!―ドキュメンタリー映像を通してエンパワメントを考える―」、(3) 遠隔情報保障の現在と将来に向けた展開について取り上げた「遠隔情報保障で変わる聴覚障害学生支援」、(4) 情報保障者の取り組みから大学および大学の支援担当者に求められる役割を整理や利用学生の潜在的なニーズを引き出す手がかりを探る「聴覚障害学生のニーズを引き出す情報保障をめざして―手話通訳者・文字通訳者の取り組みから―」の4つの企画を行いました。いずれの企画も、非常に充実した意見交換が行われました。

本シンポジウムの開催にあたりましては、企画コーディネーター、講師等、多くの方々にご協力頂きました。また、ご参加頂きました皆様にも厚く御礼申し上げます。

2015年1月吉日
日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)事務局



■全体会Ⅰ
全体会Ⅰでは、開会式が行われた後、第10回を記念した特別企画を催しました。
[特別企画]
特別企画写真「Let's talk about the future!−10年を振り返ってこれからの日本を考える」と題し、第1部「海の向こうに行ったら日本が見えた−最前線の支援に学ぶ今後の課題−」では、本ネットワーク事務局長の白澤麻弓(筑波技術大学)からアメリカの先進事例について紹介がなされました。それを受け、第2部「現在の到達点とこれからの日本−これまでの10年で行ってきたことは?これからの10年でなすべきことは? −」では、日本における聴覚障害学生支援の先駆者とも言える方々をお招きし、これまでの歩みを振り返るとともに、今後の10年でなすべき課題をテーマとした座談会が行われました。

■分科会
[分科会1]
分科会1写真 基礎講座「聴覚障害学生から学び培う教育・支援の取り組み―筑波技術大学における実践を参考に―」では、筑波技術大学で実践している様々な取り組みの中から特に聴覚障害学生への指導について、一般大学においても取り入れられる具体的方法が紹介されました。また、それを受けて、高等教育機関における聴覚障害学生の指導・支援をどのように発展させていくことができるかについて、活発な議論が行われました。

[分科会2]
分科会2写真「支援を受ける側から支援を考える立場へ!―ドキュメンタリー映像を通してエンパワメントを考える―」では、ろう・難聴学生の講義の情報保障や卒業後の様子を追ったドキュメンタリーを一部上映し、聴覚障害当事者である講師陣の経験談をもとにしたディスカッションが行われました。聴覚障害学生が大学時代に身につけるべき知識や、大学等への要望を伝えるためにどのように動くべきか、など聴覚障害学生のエンパワメントに関する発言が活発になされていました。また、教職員の参加者に対しても、エンパワメント指導の具体例を示すことができました。

[分科会3]
分科会3写真 「遠隔情報保障で変わる聴覚障害学生支援」は、企画コーディネーターの中野聡子氏(広島大学アクセシビリティセンター)の司会で進められました。遠隔情報保障について、その特性やシステムの一例紹介の他、遠隔情報保障を用いて先進的な取り組みを行っている大学のコーディネーターや支援学生・利用学生からの報告もありました。また、遠隔情報保障の現在と将来に向けた展開についても含め、多角的な視点から発表や話題提供がなされていました。

[分科会4]
分科会4写真 「聴覚障害学生のニーズを引き出す情報保障をめざして―手話通訳者・文字通訳者の取り組みから―」は、企画コーディネーターも務めた関東聴覚障害学生サポートセンターの吉川あゆみ氏の司会のもと進められました。実際に大学等で活動している手話通訳・文字通訳の方を講師にお迎えし、大学で通訳するにあたってどのようなことに気をつけているか、また、内容が専門的な場合にどう対応しているかという現場の経験をお話いただきました。そのうえで、聴覚障害当事者の講師から、手話通訳・文字通訳者に何を望むか、ご自身の経験を交えながらお話いただきました。

■ランチセッション
午後は、ランチセッションとして、複数の企画が行われました。
毎年の恒例となった「聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト」では、19団体から寄せられたポスターが並べられ、会場のあちこちで熱いプレゼンテーションが繰り広げられていました。
『聴覚障害学生支援に関する実践事例コンテスト2014結果発表』のページ へ

ランチセッション写真 第8回から設けた「ミニセミナー」では、「聴覚障害学生への就職指導」、「中途失聴・軽度難聴学生への対応」、「進歩する情報通信技術をどう生かすか−聴覚障害学生のエンパワメントへ向けて−」という3つのテーマについて、各30分程度の講演および活発な意見交換が行われました。
同じく第8回から実施している「相談コーナー」では、「支援体制に関すること」、「聴覚障害学生の支援業務に関すること」、「聴覚障害学生の研究活動に関すること」、「聴覚障害学生の就労に関すること」に関する相談を受け付けました。参加者の中には長時間話し込む様子も見られ、講師はひとりひとりに丁寧に対応してくださいました。

「視聴覚障害学生支援に関する機器展示」では、以下の発表がありました。

    (聴覚障害)
  • 遠隔情報保障システム「T-TAC Caption」(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 三好茂樹准教授)
  • ウェブベース遠隔文字通訳システム「captiOnline」(筑波技術大学産業技術学部 若月大輔准教授)
  • シースルーメガネ型リアルタイム字幕提示システム(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 小林正幸教授)
  • 聴覚障害学生向け実技演習リアルタイム支援システム「SZTAP」(筑波技術大学産業技術学部 鈴木拓弥准教授/保健科学部 小林真准教授)
  • 聴覚障害者の講義受講支援のためのプロジェクタを用いた情報保障の検討(筑波技術大学産業技術学部 内藤一郎学部長/若月大輔准教授)
  • 距離画像を用いた動きのある指文字を含めた指文字練習システムの開発(筑波技術大学技術科学研究科大学院生)
  • 匿名コミュニケーションのための手話映像表現(筑波技術大学技術科学研究科大学院生)

    (視覚障害)
  • ChattyInftyによる電子書籍作成(筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター 金堀利洋准教授)

その他、PEPNet-Japan連携大学・機関活動紹介ブースでは、全国の連携大学・機関の活動や各事業の取組がパネルで紹介されました。



第10回シンポジウムトップ/開催要項当日資料・報告書参加者の声
コンテスト開催要項コンテストFAQコンテスト結果発表見学ツアー
第10回記念式典学生情報交換会報告



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学