日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
新着情報 PEPNet-Japan NEW聴覚障害学生支援関連コンテンツ 各種研修・セミナー NEWシンポジウム NEW第13回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2017) 第12回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2016) 第11回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2015) 第10回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2014) トップ 開催要項 NEW当日資料・報告書 参加者の声 コンテスト開催要項 コンテストFAQ コンテスト結果発表 関連企画:筑波技術大学見学ツアー 関連企画:第10回記念式典 学生情報交換会報告 第9回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2013) 第8回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2012) 第7回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2011) 第6回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2010) 第5回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2009) 第4回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2008) 第3回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2007) 第2回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2006) 第1回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム(2005) シンポジウム資料一覧 諸外国視察 メーリングリスト 成果物一覧 サイトマップ
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

参加者の声

たくさんの方にご参加頂き、誠にありがとうございました。
以下に参加者の属性およびアンケートの結果をまとめました。

【参加者属性】(N=507)
 ・一般参加者 352名(うち大学職員43名、大学教員25名、聴覚障害学生 86名、支援(健聴)学生166名、その他32名)
 ・PEPNet-Japan関係者 80名(うち大学職員38名、大学教員37名、その他5名)
 ・来賓・講師 24名
 ・学生アルバイト 28名
 ・情報保障者 23名
「その他」には、保護者、地域の情報保障者(手話通訳者・文字通訳者)、会社員などが含まれています。
以下のグラフは、一般参加者およびPEPNet-Japan関係者の属性(大学職員など)を合計して表示しています。

参加者内訳のグラフ:職員81名16%、教員62名12%、聴覚障害学生86名17%、支援学生16633%、その他37名7%、来賓講師24名5%、学生アルバイト28名5%、情報保障者23名5%

【参加者の地域別状況】(N=352)

参加者の地域別状況のグラフ




以下は、参加者の皆様から頂戴したアンケートの結果です。
(N=147、回収率 41.8%)

【アンケート回答者属性】(N=147)
 ・大学職員 23名(16%)
 ・大学教員 11名(8%)
 ・聴覚障害学生 27名(18%)
 ・支援学生 64名(44%)
 ・その他 21名(14%)

アンケート回答者属性

【各企画の評価】
各企画についての5段階評価の平均値・標準偏差です。

各企画への評価(5段階):特別企画講演4.58、特別企画座談会4.57、相談コーナー4.43、ミニセミナー4.36、コンテスト4.47、分科会1 4.15、分科会2 4.33、分科会3 4.65、分科会4 4.38



以下、自由記述で得られたご意見の一部を掲載いたします。
貴重なご意見ご感想、誠にありがとうございました。

  • 様々な事に気付かされたシンポジウムでした。頑張って支援してきたつもりですが、まだまだだと感じました。他大学のパネルや説明を見て、色々と参考にしたいと思うのがありました。なかなか直接会える機会もないので、良かったなーと思います。
  • 聴覚障害に関心のない人への呼びかけがもっと必要だと感じました。このようなシンポジウムへ興味をもつ、私のような聞こえる学生がもっと増えるといいなと思いました。
  • 聴覚障害学生が入学して4年になりました。まだまだ”何を、どのように”戸惑うことが多いのが現実です。今回はその基本になるものがつかめた内容でした。ありがとうございました。
  • 中心の方々が30〜40代の方々で、とても若く、また学生の参加も多く、活気あふれた刺激的なシンポジウムでした。これからの10年を想像すると今の学生、卒業生の中から新たな動きをつくることを思いました。それくらいに可能性を感じます。準備の方々ありがとうございました。
  • ミニセミナー、相談コーナー実践事例コンテスト、どれも参加したかったが、時間がなく非常に非常に残念でした。もっと時間があればよかったです。
  • 実例コンテストの発表内容が予想以上に充実した内容であることに大変驚き、また、今後の本学の支援の参考にさせて頂きたいと思いました。学内での理解と協力がなかなか得られない状況ではありますが、出来るところから取り組みたいと思いました。

第10回シンポジウムトップ開催要項当日資料・報告書/参加者の声
コンテスト開催要項コンテストFAQコンテスト結果発表見学ツアー
第10回記念式典学生情報交換会報告



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学