日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
PEPNet-Japan
 
MENU
聴覚障害学生支援 書籍紹介・論文フリーリンク集
はじめての聴覚障害学生支援
聴覚障害学生支援FAQ
PEPNet-Japan スタッフブログ
ログイン
ユーザ名:
パスワード:

参加者の声

参加者の皆様からのアンケート結果を掲載します。(回答数105)

【参加者内訳】
全参加者 316名
・一般参加者 169名(うち教員28名、職員36名、学生71名、その他34名)
・講師・PEPNet-Japan運営委員・来賓 60名
・スタッフ59名
・情報保障者28名

参加者内訳

【アンケート回答者属性】
参加者のうち、アンケートにご回答頂いた方の属性です。(N=104)
その他には、ろう学校教員・地域の情報保障者・保護者などが含まれています。

参加者の属性

【アンケート結果】
―各企画―

各企画アンケート結果

―情報保障―
各企画アンケート結果

以下、自由記述で得られたご意見の一部を掲載いたします。
貴重なご意見ご感想をたくさん頂戴し、ありがとうございました。

・特殊な授業(理系・ゼミ・実験・実技・専門科目・フィールドワークなど)への支援方法を取り上げて欲しい(4)
・コーディネーターの雇用の安定について・研修などをテーマに(3)
・支援学生同士の交流の場があると良い(悩みの共有・解決など)(2)
・アメリカにおける障害学生支援の状況を取り上げて欲しい(2)
・短時間でまだ聞きたいこともたくさんありましたが、他大学の取り組みなど情報交換することができ良かったです。(2)
・他の分科会も興味があり、参加できないことが残念でした。
・グループディスカッションで、支援学生同士でグループになり、ディスカッションを行いましたが、立場が同じだからこそ、深く話すことが出来、交流も出来たので、とても良かったです。
・大変勉強になりました。今後の支援、また宮城教育大学さんから学生主体性を引き出すヒントをもらいました。ありがとうございました。
・ランチセッションの時は、もう少し広い会場でやった方がいいと思う。(8)
・(ランチセッションは)他大学の取り組みを見ることはとても刺激になったし、自分たちの組織で実際に活用できる方法もあって有意義だった。
・PEPNet-Japanの成り立ち、運営についてよく分かったが、もう少しその部分は短めにして具体的な質疑応答をしてほしかった。
・このような他大学の方と交流の場、シンポジウムがあり、大変貴重な時間だと感じました。
・文字通訳が正確で早く、とても良かったです。
・スクリーンの文字をもう少し大きくしても良いと思った。


トップ開催要項コンテスト結果発表コンテスト開催要項コンテストFAQ
当日資料・報告書/ 参加者の声



第13回シンポジウムを開催します!

第13回シンポジウムを10月28〜29日に札幌学院大学(北海道江別市)にて開催します。詳細は以下バナーをクリックしてご覧下さい。

新着情報
Copyright (C) 2005-2011 The Postsecondary Education Programs Network of Japan
本事業は、文部科学省特別教育研究経費による拠点形成プロジェクト(筑波技術大学)の活動の一部です。

筑波技術大学