ホーム > 学生・教職員の活動報告 > 二科展(東京・国立新美術館)で本学学生・卒業生が受賞

二科展(東京・国立新美術館)で本学学生・卒業生が受賞

二科展デザイン部 受賞作品

平成29年9月6日 水曜日から18日 月曜日にかけて、東京・六本木 国立新美術館で開催された第102回二科展デザイン部で、卒業生の永瀬由佳さんが「入選」、在学生の川渕大成さん、卒業生のトムチュク夏海さん、菊池樹理さんが「準入選」に輝きました。二科会は、日本の美術家団体のひとつで、1914年に在野の美術団体として発足。1951年に「商業美術」部門(現デザイン部門)が新設され、現在は「絵画」「彫刻」「デザイン」「写真」の4部門で構成されています。

写真は「満員電車」(入選)永瀬 由佳(左)、「野菜の心を食べよう」(準入選)菊池 樹理(中央)、「長春にて」(準入選)川渕 大成(右上)、「サボテンとパレード」(準入選)トムチュク 夏海(右下)です。

(総合デザイン学科 長島 一道 名誉教授 安田 輝男/2017年12月8日)