ホーム > 学生・教職員の活動報告 > 第55回茨城県身体障害者スポーツ大会に学生が出場

第55回茨城県身体障害者スポーツ大会に学生が出場

参加した学生たちの様子

第55回茨城県身体障害者スポーツ大会が9月24日 日曜日に開催され、両学部の学生が出場し活躍しました。陸上競技はひたちなか市総合運動公園陸上競技場で行われ、産業技術学部総合デザイン学科1年生の柳田かれんさん、保健科学部保健学科鍼灸学専攻3年生の丸山天斗君、1年生の高木蓮君、小林愛子さんが出場しました。水泳は笠松運動公園サブプールで行われ、保健科学部保健学科鍼灸学専攻1年の齋藤元希君が出場しました。みんな大会出場ということで緊張しながらも満足できる結果を出せたり、色々な経験ができて刺激を受けたようです。

なお、この大会は来年福井県で開催される全国障害者スポーツ大会の茨城県予選を兼ねており、茨城県の代表選手として選ばれることが期待されます。写真は参加した学生たちです。

(障害者高等教育研究支援センター 香田泰子、天野和彦/2017年10月7日)